| 

保険のショップのFP

保険のお店を訪ねると、FP(ファイナンシャルプランナー)が一人、担当となって付いてくれ、保険について、いろいろなことを教えてくれます。ライフプランと言うのはひとそれぞれですから保険も、その人その人、適したものは違ってきます。自分にとって最良の保険を選ぶ手がかりの一つとなるようにその担当者は、どんな保険に加入しているのか、それにきめた理由などを調べてみるとよいかもしれません。もし、アドバイスをしてくれるファイナンシャルプランナーと自分とで生活を取り巻く様々な環境が似ている場合には、その人が契約している保険がひょっとしたら自分にも向いているかもしれません。保険の店にはたくさんの利用方法があります。それぞれに合った方法で、あなたのニーズにあった生保を見つけてくださいね。

--------------
保険について思うこと。保険会社ってい一体何社あるのかわからないし、保険商品はとてつもなくたくさんあるし、どれが自分にあっているのか考えるだけで嫌になります。いろいろな数多くの保険会社ではこれまでなかったような保険が次から次へと出されるし、テレビのCMも、度の保険も似たようなもの。一般の国民は困って悩むだけです。






気がつけば有利で便利な生命保険に団体生命保険があります。グループ保険や団体収納の保険もあります。勤務先が保険会社と一定の契約をしている時に使えます。団体生命保険やグループ保険と呼ばれるのが一般的です。毎月の給与から自動的に引きされることが多いようです。一般的な保険の保険料よりも割り引かれています。生命保険をどうするかに当たっては団体保険をうまく使うことがコツです。-

次を読む≫